現場の臨場感を届ける新機能
​“DriveView”

新機能「DriveView」で出来ること

車両の現在地​把握

3秒に1度の情報更新で、

​リアルタイムに現在地を把握

長時間停車などの異常把握

予定にない長時間停車などの

​異常を検知し、画面に表示

目的地への到着時間表示

事前に予定を取り込めば、

​到着予定時間も画面に表示

条件に合う車両の検索

この取引先に向かっている車両は

​どれか、などを即時に検索

停車時間の表示

その場所での停車時間がわかり、

​進捗を簡単に把握

問い合わせへの迅速応対

これらの特徴を組み合わせて、

​問い合わせにも迅速に応対可能

「DriveView」の利用イメージ

ユースケース例:緊急の引取依頼への対応

1. 取引先から緊急の引取依頼の電話がかかってくる
2. DriveViewを開き、電話のかかってきた取引先名で検索する
41330-68-7e365d1f5bbf539e7e3d805c1cef3d87-1563x823.webp
3. 検索結果から対象の取引先を選択し、周辺の車両を確認する
2.webp
4. 車両を選択し、配車計画と照らし合わせ、アサイン可能か確認する
3.webp
5. ドライバーに電話連絡し、アサイン可能かを再度確認しアサインを確定する
6. 取引先に到着のおおよその目安を伝え、問い合わせ対応完了

​<実際の様子を動画で確認>

3分Cariotがわかる
​資料のダウンロードはこちらから